首イボがかゆい原因から抑えるケア!首の小さいイボのかゆみを解説

投稿日:

首イボのかゆみに悩む女性

首や顔や首にできることの多いイボが老人性イボです。

老人性イボは名前から連想をして年寄りだけに発症をすると勘違いをする人もいますが、それは全くの誤解で20代や30代でも悩まされることがあります。肌の老化や紫外線ダメージの蓄積が関係をしているので、年を重ねるごとに発症をすることが多いので、あくまでこのように呼ばれるようになったのですね。

首にイボができた人の中にはときどきかゆいと感じることがあります。

老人性イボ自体にはかゆみがある訳ではないのですが、かゆみに悩まされる人はいます。
ここでは首のイボのかゆみについて解説をしていきます。

また、かゆい理由からどうすれば抑えることができるまでについてお話をしていこうと思います。

首イボにかゆみはない!原因を知れば原因が分かる

首のイボの原因を理解しなければイボを取ることもできなければ、かゆみの理由も理解することができません。
そのため、まずは最低限必要となる原因の知識を紹介します。

そもそも首にできる老人性イボはウイルス感染が原因のウイルス性イボや病的な原因がある訳ではありません。人が日頃から新しく作り垢として外に排出をしている皮膚が関係をして引き起る肌トラブルです。

肌の働きのひとつでターンオーバーと呼ばれる周期によって、新しい皮膚を常に作りだしており、古い皮膚を外に排出をしています。この外に排出をしている古い皮膚を美容用語で角質と呼ばれているのですが、肌のケアができていなければ周期が乱れ、皮膚に付着したままとなってしまいます。

その付着した古い皮膚が固まってできるのが首のイボなのですね。

直接なイボの原因となっているのであれば、紫外線ダメージの蓄積・肌のケア不足・老化による肌力の低下・乾燥など様々な理由があります。この原因からも分かるように、ようするに肌の状態がきちんとケアができていない状況なのですね。

首イボがかゆい原因は乾燥や肌のバリア機能の低下

そもそも首のイボの原因が角質であることからもわかるように、老人性イボ自体にはかゆみが生じる原因はありません。
ではなぜかゆみを感じることがあるのでしょうか?

考えられる理由としては首イボができてしまった理由と同じことが言えます。

紫外線ダメージやケア不足や老化による肌力の低下によって、肌の働きのターンオーバーだけではなく、バリア機能が低下をしてしまいます。バリア機能とは保湿材の膜によって外からの刺激をやわらげる働きのことです。

このバリア機能が低下することで肌は刺激に弱くなってしまいます。しかし、肌への刺激はかゆみを感じるようになるので、それが原因として首イボはかゆいと感じる理由として考えられます。

すでに首のイボができている訳なので、スキンケアがしっかりとできている訳ではないのがわかります。そこからもわかるようにバリア機能が低下をしているのも多いに考えられますし、ちょっとした刺激がかゆみを感じるようになってるのも考えられます。

刺激がなぜかゆみとなるのかは温泉などで少し熱めのお湯につかると異様にかゆくなるのを想像するとわかりやすいのではないでしょうか。
ようするに首のイボを取るためにもかゆみを止めるためにも肌のケアが必要となっているのですね。

首イボのかゆみを抑えるケア

首のイボを自宅でケアするのであれば、主な方法としては薬かイボ取りクリームかの2種類です。

薬であれば薬局やドラッグストアで市販薬としてイボコロリが販売されています。液体タイプと錠剤タイプと2種類ありますが、老人性イボに効果があるのが錠剤の方で、液体は首や首や顔には使用をできないので、くれぐれも注意してください。

また、イボ取りクリームとも呼ばれる老人性イボケア用に作られた化粧品が販売されています。ほとんど薬局やドラッグストアでは販売されたおらず、通販での購入となりますが、薬とは違い安全に使用をすることができ、価格も安いものが多いので非常に人気があります。

ただ、注意点として市販薬はどれも副作用の報告がされているのがほとんどなので、使用の際にはくれぐれも注意が必要です。

薬もクリームも主な成分としてヨクイニンと呼ばれるハトムギから取れ成分が大事となってきます。ただ、薬に関してはハトムギを凝縮した錠剤と考えても良いほど、成分のほとんどがハトムギエキスと添加物のみになっていたりします。

そのため、副作用のリスクを考えて使用をしなければなりません。
個人的におすすめなのは私も使用をしたことがあるのもあり、価格と副作用を考えるとイボ取りクリームです。

首のイボケアでかゆみ対策につながる

首のイボをケアしていくことはかゆみ対策へとつながってくるので、同時に対策ができます。

首のイボを取りたいのであれば、大事なのは低下してしまっている肌力を回復させることです。乱れたターンオーバーの周期を正常にして角質をきちんと排出するようにしていくことが、もともと首のイボは角質の固まりなので重要となってくるのですね。

そのため、イボ取りクリームには肌力を回復させる為にヨクイニンや杏仁オイルなどのイボに効くとされる成分に加え、保湿成分や美容成分などが含まれています。

ようするにイボケアをしていくことで保湿をすることができ、バリア機能を正常にすることができるのですね。
そのため、イボのケアはかゆみ対策と同じことでもあるのです。

市販薬は錠剤なのでからだの内側からの改善となりますが、イボ取りクリームはスキンケアにかかわってくるものです。
そのため、首イボのかゆみを伴っている人であれば、特にイボ取りクリームはおすすめすることができます。

-首イボの取り方

Copyright© 首イボを自分で取る方法からクリームや市販薬!首イボ君とさよなら , 2019 All Rights Reserved.